育毛クリニックでAGA治療を受ける時は内服薬や外用薬などの治療薬で行う事が多いですが、頭皮や髪の毛の質が人によって異なるので中には効果があまり出なかったという事もあります。薄毛治療は自由診療に分類されるので保険適用外になってしまい効果が出ないまま治療を続けてしまうと費用がかかってしまいます。それにより金銭面ですごく厳しくなってしまうので最近では発毛に効果のある成分を頭皮に直接注入してAGA治療をしていく育毛メソセラピーという治療方法を取り入れています。

頭皮に注射を刺して発毛に効果がある成分を注入していくので治療薬より効果が出やすくてしかも負担がほとんどかからないので安全性も高いです。育毛メソセラピーでAGA治療をしていくとメリットになる点が目立ちますが、実際に頭皮に注入されるのはどのような成分なのか見ていく事にしましょう。

ミノキシジル

ミノキシジルは高血圧の患者が血圧を下げるために使用していた治療薬の成分ですが、頭皮の血管拡張作用もあるので発毛効果も期待出来る事が判明しています。それでAGA治療にも用いられていて育毛メソセラピーで治療を受ける時に頭皮に注入していく成分としても使用されています。

発毛効果が高いと評判のミノキシジルですが、血圧を下げる働きもあるので血圧が低くめの人が低血圧の症状が出てしまう可能性があります。それでミノキシジルを頭皮に注入する前に血圧がどのぐらいなのかを判断して注入する量もコントロールしていきます。

フィナステリド

AGAが発症してしまう原因は男性ホルモンの過剰分泌が挙げられます。男性ホルモンが過剰分泌してしまうとジヒドロテストステロンという物質が生成されてしまい髪の毛の成長を妨げてしまいます。それにより髪の毛が細くなってきたり抜け毛が増えてきてしまうので頭皮が見えるぐらいに薄毛が進行してしまいます。そこで育毛クリニックの育毛メソセラピーでは男性ホルモンの過剰分泌を抑制する効果があるフィナステリドを頭皮に直接注入していきます。フィナステリドが頭皮全体に浸透していくと男性ホルモンの分泌量を抑える事が出来るのでジヒドロテストステロンが生成されてしまうのを防ぐ事が出来ます。

それにより健康な髪の毛が生えてくるようになるのでAGAを解消していく事が出来ます。しかしフィナステリドを注入すると男性ホルモンの分泌量が少なくなるので男性器などに支障が出てしまう可能性があります。それにより育毛クリニックの育毛メソセラピーでフィナステリドを頭皮に注入する時は男性器に支障が出ないように量をしっかりコントロールしていきます。



コチラでお確かめ下さい→京都で育毛なら岡田佳子医院「メンズクリニック」


ヒアルロン酸


ヒアルロン酸は美容成分として有名ですが、育毛クリニックの育毛メソセラピーでも使用されています。AGAが発症する時は頭皮が乾燥しやすい状態になっているので保湿効果が高いヒアルロン酸を頭皮に注入していくと改善していく事が出来ます。それで頭皮環境が整っていくので健康な髪の毛が生えやすい状態になります。

また頭皮の水分も一定に保ち続ける事が出来るようになり乾燥しにくい頭皮にしていく事が出来るのでAGAを発症しにくいようにしていく事も出来ます。ヒアルロン酸はミノキシジルやフィナステリドに比べると副作用が出てしまうリスクも少ないので安全性が高いです。

成長因子複合体

成長因子複合体は毛包を刺激して健康な髪の毛を育てる効果が期待出来るので育毛クリニックの育毛メソセラピーでも使用されています。成長因子複合体を頭皮に注入する事で頭皮の血流を促進されるので太い髪の毛が生えてくるようになります。それにより髪の毛にボリュームが出てきて頭皮が見えないぐらいに改善していく事が出来ます。副作用が出る事もほとんどないので安全性が高い成分です。

関連記事


    人間はストレスや汗などで皮脂を発生させます。その皮脂が溜まりすぎると、頭皮へと十分な血流が流れなくなってしまうため髪の毛が薄くなってしまいます。適度に洗髪しましょう。また、皮脂を一生懸命流したいからと…