木を墓標にするのが樹木葬

 通常は石を墓標にするものですが、樹木葬の場合は石ではなく木を墓標にします。生前から自然が好きだった、ガーデニングを趣味にしていた、緑の中で育った人にとって、木は特別な存在です。自然の中で長々と生き続けてきた木は、自然を愛す人にとって畏敬の念を抱く象徴です。それならお墓を樹木葬にし、木のもとで埋葬されることを望んだとしても決しておかしくありません。むしろそうすることで安らかな眠りにつくことが望めますので、そこが樹木葬の人気の秘密です。従来通りに石を墓標にしても良いのかもしれませんが、今は他の選択肢もあります。その選択肢のひとつとして挙げられるのが樹木葬で、お墓のスタイルは1つだけに限っているわけではありません。埋葬の方法について特に何もこだわらないというなら通常のお墓で良いのかもしれませんが、自分らしさを少しでも出していきたい、自分らしいお墓にして欲しいという願いを持っているなら、樹木葬にする選択肢があります。ですので、今はお墓を好きなように選べる時代になっているのです。

どんな樹木葬があるのか

 一言に「樹木葬」といっても、それぞれで種類があります。かなり華やかに彩ったタイプもあれば、落ち着いていて荘厳な雰囲気を醸し出すタイプもあります。ですので、樹木葬をするにしても、まずはどんな樹木葬があるのかを知らなければなりません。そのためには樹木葬を行っている霊園を探し、問い合わせをしてみると良いです。樹木葬を行っている霊園では問い合わせに応じて資料を提供したりしていますし、今はホームページで簡単に調べることができます。美しい写真とともに樹木葬のタイプを紹介している霊園もありますので、それらをじっくりと見ていけばどんな樹木葬があるのかよくわかります。樹木葬をしてみたいけどどんな樹木葬があるのかわからない、まずは樹木葬について深く知りたい場合は、樹木葬を行っている霊園について調べていき、そのうえで詳細を深く追求していくことが大事です。中には日本人を象徴するような桜の木をシンボルだったり、身近に感じられる低木があふれていたり、きれいな花に囲まれていたりなど、樹木葬のタイプはさまざまです。ですので、どんな樹木葬を希望しているのか、まずはそこをはっきりさせることが先決です。


種類豊富な樹木葬はコチラになります




樹木葬の予算


 樹木葬の予算は一概にいくらと断言はできませんので、それぞれの樹木葬について個別で調べていかなければなりません。使用可能人数や管理を含めた使用料、あるいは追加費用、さらには彫刻費や埋葬費などが予算として考えなければいけない費用です。樹木葬は墓石を建てるのに比べれば比較的安く済みますが、どんな樹木葬にするかで予算はまちまちです。ただ、各霊園で樹木葬の費用についてははっきりさせていますので、それらの費用をもとにまず見積もりを出すことが大事です。そうすることによって予算内でおさまるかどうかわかりますから、くれぐれも予算オーバーしないようにしなければいけません。また、家族だけではなくペットも入れるような樹木葬がありますので、それらの予算についてもしっかり検討しておくと良いです。予算については大事なことなので、どんぶり勘定ではいけません。なるべく正確に割り出して予算内で利用することが大切です。お墓のスタイルにまったくこだわらない人なら気にしないかもしれませんが、そうでない人にとって樹木葬は選択肢のひとつです。終活をどう行っていくかは高齢化社会の日本でかなり重要になってきていますし、そのためにも樹木葬を視野に入れて検討することが、よりよい最期を迎えるための準備といえるかもしれないです。

関連記事

    None Found